岐阜市長選挙結果について

1月21日告示、1月28日投票の岐阜市長選挙において、年末年始から本当に慌ただしく準備を進めており、多くの方々に支えられながら無事に選挙戦を終える事ができました。政治経験もなく、政党や団体の推薦も持たず、組織も持たずに臨 んだ選挙戦を無事に終えられたのは、志を同じくする多くの方々に支えて頂けたからです。支えて下さった多くの皆さま方には、本当に感謝しています。

今回の得票結果は、偏に私の力不足です。地道に活動を続けていたものの、私の訴え方の力不足で、市民の皆さまに、新たに政治に興味を持って頂くことや、選挙に行こうと思って頂くことへ繋げられませんでした。また、組織戦の状況分析に対する、対策の詰めの甘さが致命的な結果となりました。誠に申し訳ございませんでした。

岐阜市に帰省してから、徒手空拳で政治活動を始めて1年半、本当に多くの方々から応援や支援を頂き、誠に有難うございます。私の力不足で不本意な結果となりましたが、選挙を終えてからも、多くの方々に臥薪嘗胆、捲土重来で頑張れと温かいお言葉で励まされています。本当に感謝しています。

私としては、これまで10年以上、岐阜市を始め、地方がよくなる活動、例えば税金のように掛かる水道光熱費を安くする仕組み作りや、復興震災プロジェクトで世界に誇れる地域づくり、地方企業の再建などの仕事や、また国内外でのボランティア活動をしてきていることもあり、引き続き、志を実現するために一生懸命取り組む覚悟です。

 平成30年1月     棚橋やすゆき