選ばれる街

色々な街の様子を実際に目で見て体感するために、岐阜~東京間を自動車で往来しています。

カーナビのルート案内で一般道優先を設定すると、市街地を主に通り抜けます。深夜の時間帯、明朝の時間帯、通勤時の時間帯、正午前後の時間帯、夕方の時間帯、帰宅時の時間帯など、自動車の混み具合は異なります。ただ、道路整備環境によっても混み具合は当然異なります。

来る自動運転車社会を想像すると、深夜や早朝の交通量は少ないので6時間前後で移動できる距離の鉄道需要は減るだろうと考えます。一方で、昼間の時間帯に交通渋滞が少ない街は、この自動運転車社会への特に移行段階では自動運転車から選ばれる街になると考えます。

これまでの往来の中で、この昼間の交通渋滞が少ない道路とは、片側車線で2車線設けて交差点では右折車線用にもう1車線設けている道路と考えます。これからの人口減少社会では、自動化や人工知能化は益々導入されるでしょうが、このような自動運転車からも選ばれる街が、これからは人々からも選ばれる街になると考えます。